通勤距離が退職理由の場合、面接でどう影響する?

通勤距離 退職 理由
通勤距離がネックとなり
退職を考えている人も多いのですが、
退職理由として通勤距離は
どう影響するでしょうか?

また、新規に面談を受ける際に、
通勤距離は関係するのでしょうか?

このページでは、通勤距離に関して、
今後の転職を有利に持っていく施作を
述べてみたいと思います。

該当する人は是非参考にして下さい。

通勤距離がネックとなり退職を考えている場合

退職理由が通勤距離が
長いだけという理由から
雇用者はどのように判断するでしょうか?

あなたも逆の立場になって考えてみてください。

 

①交通費節約になるから
大いに結構と歓迎される。

②入社時点から通勤時間は
分かりきっているはず、
この程度で退職するならば、
他の仕事も出来ないだろうと判断される。

 

あなたが経営者の立場ですと
どちらでしょうか?

この場合、
圧倒的に②が多くなります。

 

もし、人員を削減したいと
考えている経営者ですと、
①もありえますが、
通常組織の考え方は②になります。

通勤距離が遠い会社を受ける場合

上記とは矛盾しているのですが、
同じ能力の人が同時に受けたときは、
経費がかからない方を
採用したいと考えるものです。

また、企業側も退職理由として
通勤距離が理由になることは
予想していますから、
一種の防衛ラインを引くのです。

 

現にハローワークでは、
通勤距離が長い場合、
紹介されない場合があります。

したがって、
地元優先で行くか、
転勤も可能であるということを
しっかりアピールすることが大事です。

転職の絶対条件はポジティブ

あらゆる転職活動を
有利にするための絶対条件は、

ポジティブです。

 

例え、人間関係の問題や
年収の問題などの不満から
転職活動を起こしても、

面接などでは決して口に出してはいけません。

 

もし、口に出してしまったら最後、
絶対に採用されません。

あなたの退職理由が
ネガティブなものなら、
伝えかたを変える必要が出てきます。

 

人間関係が嫌だ

人間関係が良い職場に移りたい

チームワーク重視の会社に転職したい。

—————————

通勤時間が長い

近場の職場にしたい

地域密着型の地場産業で働きたい。

—————————

給料が安い

年収を上げたい

仕事の幅を広げてキャリアアップをしたい。

などなど、伝え方を変えれば、
マイナス面がプラス面として生きてきます。

人間関係が退職理由の回答例

前職では個人の裁量が
重視されており、
賞与も個人ベースで決まります。

そのため、
大きなプロジェクトでは
なかなか成果が上げられない
ことを経験しました。

私は共同で一つの大きな仕事を
やりたいと常々思っていたため、
今回転職の決意をしました。

通勤距離が退職理由の回答例

前職は約6年間、
関東の大手スーパーを中心に
営業を担当していました。

営業の仕事を通して
様々なお客様の声を
聞かせていただきました。

ただ範囲が広く、
本当の意味でお客様が抱える
ニーズに応えることが
出来ない現状でした。

この数年間の経験をもとに、
もっと深く集中したいと思い、
転職を決意いたしました。

御社は地域密着型で
創業100年を超える会社です。

私の描いた仕事が出来る環境と
確信しましたので
今回応募させていただきました。

給料が安い場合の回答例

前職は年功序列型の
給与ベースであったため、
仕事で成果を出しても
周りと差が出ないシステムでした。

その分安定していましたが、
私的にはもっと自分の力を
発揮したいと思い、
退職を決意致しました。

厳しい環境になると思いますが、
自分の成長の為にも
どうしても働きたいと思っています。

よろしくお願い致します。

転職エージェントのアドバイスをもらう

ある程度、
転職理由や方向性が固まったら、
転職エージェントなどの
専門機関からのアドバイスを
受けることをオススメします。

 

転職エージェントの利点は、
各企業の情報を細かく持っていますから、
あなたの希望した企業に
絞って対策が出来るからです。

また、
過去に転職エージェントを
利用して採用された人も多く、
その生の情報を
利用できるということも出来ます。

 

個人では限界のある就職活動も、
転職エージェントを利用することで
有利に運ぶことが可能ですから、
是非登録してはどうでしょうか?

では、ここから
代表的な転職エージェントを
ご紹介してみたいと思います。

転職エージェントの利用には大きく2種類がある

転職エージェントの種類には
大きく分けて2つあります。

それは、
20代、30代を中心とした、
年収500万円以下の層を対象とした
転職エージェントと、
40代以降で、
年収500万円以上の
管理職を中心とした転職エージェントです。

その代表的な転職エージェントは、
下記の2種類になります。

 

・リクルートエージェント
・ビズリーチ

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント
1977年に転職支援サービスを
始めた日本で一番歴史のある会社です。

その実績は41万人と、
日本の転職関連会社の中で断トツを誇ります。

 

保有する案件も国内最高数で、
全ての職種に対応でき、
年齢の幅も広く、
第2新卒からキャリア層まで対応します。

 

また、転職先が決まっていない
という人でも、
今後の転職先の条件など
相談がいつでも出来ます。

必ず押さえておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントに登録してみる。

ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチの特徴は
年収500円以上の管理職、
役員クラスの取り扱いが
群を抜いているということです。

仮にあなたが500万円以上の
年収を得ているのであれば、
ビズリーチ一択です。

 

もちろん、
年収ばかりではありません、
その他の待遇、福利厚生など
前職よりスケールアップした
転職先を紹介してもらえます。

業種も多種多様で、
業界を変えてみようかと思っている人でも
ビズリーチに一度相談されてください。

適正なアドバイスがもらえるはずです。

ビズリーチに登録してみる
タイトルとURLをコピーしました