日立金属の中途採用~年収・評価・労働環境・女性環境など~

日立金属 中途採用 年収

日立金属株式会社はどんな会社?

日立金属株式会社の創業は1956年(昭和31年)、日立製作所が全額出資して日立グループの鉄鋼業・金属部門を統合分立させる形でスタートしました。

主力製品は刃物、金型に用いられる先端固体材料の高級工具鋼(YSSヤスキハガネ)、その他電子製品で使用されるインバー合金等の高級金属製品、高級自動車部材、磁性材料、鉄鋼用ロール配管製品、電子部品などを擁する特殊鋼・エコ製品を核とした総合素材メーカーです。

直近では、世界の社会・産業の発展に役立つ大きな影響を与えた新製品トップ10を毎年表彰する日刊工業新聞社主催の「十大新製品賞」を、展開している3鋼種いずれもが賞を受賞しています。

また、グローバル化展開も他の特殊鋼メーカーより先んじた体制を2004年(平成16年)の傘下商社の再編により構築しています。

中途採用に関しても、業務展開に比例する形で採用枠が広がっています。現在、日立金属株式会社に真剣に転職を考えている人は、給与状況や内部事情などを参考にされると良いでしょう。

日立金属株式会社で現在募集中の求人

現在、日立金属株式会社の公式ページでは新卒中心の採用になっており、中途採用がありません。しかし、転職エージェント経由での募集は確認できますので、希望者は公式ページと転職エージェント両方を必ずチェックして下さい。このページでは、代表的な職種をまとめています。

通常、日立金属株式会社では、募集職種・分野を2つに分けて募集しています。技術系総合職と事務系総合職です。

●技術系総合職

・研究開発
・製造技術
・生産技術
・品質管理
・システムエンジニア・データアナリスト ほか

●事務系総合職

・生産管理
・資材調達
・人事総務
・経理
・営業
・法務・知的財産 ほか

現在、転職エージェント経由で確認できる中途採用職種は下記の通りです。

<ソフトウェア開発>

【業務内容】
マスフローコントローラの制御ロジック開発、サプライヤーや各関係者との調整や基本設計が主な業務です。

【必須条件】
C言語での開発経験。歓迎条件として、製品の調整、検査のソフトウェアおよび製品ファームウェア開発スキル、TOEIC600点とされています。

<資材調達>

【業務内容】
仕入れる原料の種類や量の取りまとめ、調整、調達先ベンダーの選定や、コストダウンや納期調整等のベンダーとの交渉、調整が主な業身になります。

【必須条件】
調達経験があることとされています。

どのように求人を探すか?

日立金属株式会社の求人を探す方法は2つ考えられます。一つは日立金属株式会社の公式ページです。そしてもう一つは、転職エージェントです。

公式ページで、全体の募集動向を確認したら、必ず転職エージェントでも確認しておきます。なぜなら転職エージェントは非公開求人もり、一般の募集と分けているところがあるからです。

また転職エージェントは日立金属株式会社に関して、様々な情報を持っています。また同業他社の比較も簡単に出来ますから、転職エージェントの利用をオススメします。

代表的な転職エージェントをページの最後に記載致しますので、登録してみてください。

日立金属株式会社年収・給与システムについて

年代別給与額

技術職 26歳 450万円
製造 24歳 350万円
製造 27歳 400万円
製造 28歳 450万円
製造 28歳 550万円
設計 25歳 450万円
設計 27歳 600万円
設計 28歳 680万円
管理 28歳 450万円
管理 30歳 550万円
経理 34歳 570万円
営業 27歳 500万円
営業 33歳 600万円
営業 33歳 780万円
主任 32歳 750万円
部長 47歳 1100万円

給与システムについて

日立金属株式会社の給与体制は、月給制で、年2回の賞与と年1回の昇給からなります。基本給から言えば他のメーカーと比較しても高い水準になります。

賞与は会社の業績により変動します。昇給に関しては、管理職になるまでは一律の昇進で年功序列型と言えますが、職位に応じてベースに給料が上がっていく制度ですので、管理職に昇格すると一気に給与アップになるようです。

手当・福利厚生

保険は、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険の各種保険を完備しており、諸手当は、時間外手当、子ども手当、通勤手当、片道4km以上の距離で適用される車通勤手当、裁量勤務手当(裁量勤務対象者のみ)などがあります。

福利厚生に関しては、国内外全事業所近辺に完備してある社宅、借上げ社宅や、上限35歳まで入寮できる独身寮が利用できます。その他の制度として、持株会、財形貯蓄制度、年間5万円のカフェテリアプラン制度など利用できます。

中途採用試験を受けるにあたって

日立金属株式会社は、年功序列型になっています。(管理職は違います)したがって中途採用で入社するにあたっても、ある一定の基準に従って給与が決められます。しかし、前職の給与ベース次第では交渉次第でアップすることは考えられます。

そこで重要になってくるのが、どういった内容の面接が行われるかを事前に把握することが非常に重要になります。この情報を得るために是非活用して頂きたいのが、転職エージェントです。

転職エージェントを利用する利点は、企業の紹介の他に、狙っている企業をピンポイントで押さえることです。また、過去に転職エージェントを利用して、日立金属株式会社に入社した人も多くいますから、生の情報も豊富にあります。

日立金属株式会社の成長環境・評価制度・教育制度について

成長環境

日立金属株式会社では、若手であっても権限や裁量を与えられ、比較的自由に仕事が出来るため、やり方次第では自分の希望通りの仕事が実現できます。

常に現場主義で、現場で役立つにはどうすれば良いか? という考えが浸透しています。仕事の進行などは、どちらかと言えば、厳格な社風のため、実績管理などはとても細かく管理されます。乖離した場合は理由をしっかり分析し、各社員へフィードバックされます。

評価制度

目標管理制度があり、毎年達成状況で評価されます。成果を上げている社員はその評価が確実に給料に反映されますが、成果を上げていない、または伝えることが出来ない社員は昇級は出来ていません。

教育制度

定期的に全社から社員を集めた合同研修が実施されています。自己啓発や意識改革などメンタル面に照準を合わせた研修が多いのが特徴です。コンプライアンス教育や安全教育にも余念がなく、特に安全に関しては、やり過ぎに思えるくらいに徹底的に指導されます。

中途採用に関しては、教えられなくても何でも出来て当たり前という風土であるため、実習
という期間がほとんどなく実務を任せられます。

日立金属株式会社のワークライフバランスについて

残業について

現在の月間平均残業時間は、35時間程ですが、部署や役職の違いでバラツキがあります。会社全体で残業を減らしていくという動きもあります。一時期みなし残業制度が導入されていましたが、途中で廃止され、残業を申請する形に戻りました。残業については、今後の課題とも言えます。

休暇について

完全週休2日、祝日、年末年始、夏季など126日(本社・支店の場合。事業所により異なる)、 年次有給休暇(初年度20日)、特別積立休暇(最高50日)、慶弔休暇などが定められています。

全社を挙げて働き方改革を行っており、月一有給休暇の取得や計画有給制度の実施などを行っています。しかし、現場によっては、遅れなどで合間や時間外に勤務しなければならないこともあります。

全体として、日立金属株式会社は、残業縮小、有給消化推奨よりワークライフバランスはよくなっています。

女性の労働環境

女性のキャリアアップについて

ここ数年、ダイバーシティに取り組んでいるため、少しづつ女性も増えてきており、女性が活躍する制度や教育も導入されています。しかし、鉄鋼メーカーということで、男性の比率は高く、女性のキャリアに関してはまだまだといったところです。

しかし、仕事に関しては、性別関係なく同じ基準で評価されるため、成果を上げて基準を満たせばきちんと昇給昇格していきます。

育児支援制度について

産休・育休に関してはかなり充実しており、育休は子供が3歳になるまで取得できます。時短勤務に関しては、小学生6年生まで可能です。また、在宅勤務制度もあり、希望者は自宅で業務が可能です。

その他、日立金属では2018年に、女性総合職のネットワーキングイベント「日立女性フォーラム」として、日立金属とグループ会社の女性総合職に、社長をはじめとする役員も加えた100名以上が参加し「前に進む力」をテーマとして、さまざまなプログラムが実施されました。

日立金属株式会社の転職を成功するために必要なこと

日立金属株式会社に限らず転職を成功させるためには、会社の情報が何より必要になります。その情報は個人で調べることは、かなり難しく上手く行きません。

そこで、日立金属株式会社の情報を集めるためには、転職エージェントを利用することが決め手となります。転職エージェントの利点は様々な点がありますが、大きく分けると下記の3点になります。

・日立金属株式会社に過去内定した生の口コミを有している

・その口コミを元に試験対策、面接対策が出来る

・交渉も転職エージェントを交えて可能の場合がある

日立金属株式会社に過去内定した生の口コミを有している。

実際に転職エージェントを介して、内定者が出ると、その情報は内部データとして蓄積されていきます。さらに、似たような条件の会社もデータとして蓄積できますから、より良い条件の会社を見つけることも可能です。

その口コミを元に試験対策、面接対策が出来る

転職エージェントを経由して転職に成功した人、失敗した人のデーターから、採用試験や面接試験で問われる内容を考えることが出来ます。こういった情報は、まず個人では集めることができません。面接官の名前、好みなど転職エージェントならではの情報です。

交渉も転職エージェントを交えて可能の場合がある

転職の面接などで気遅れしてしまい、本来の自分を出せない人や、元々交渉事が苦手な人がいます。そうした人の為に転職エージェントは面接後に企業の担当者と接することが出来ます。その際、面接であなたが伝えられなかったことをアピールする場合があります。

転職エージェントの利用には大きく2種類がある

転職エージェントの種類には大きく分けて2つあります。それは、20代、30代を中心とした年収500万円以下の層を対象とした転職エージェントと、40代以降で、年収500万円以上の管理職を中心とした転職エージェントです。

その代表的な転職エージェントは、下記の2種類になります。

・リクルートエージェント
・ビズリーチ

リクルートエージェント

リクルー トエージェント
1977年に転職支援サービスを始めた日本で一番歴史のある会社です。その実績は41万人と、日本の転職関連会社の中で断トツを誇ります。

保有する案件も国内最高数で、全ての職種に対応でき、年齢の幅も広く、第2新卒からキャリア層まで対応します。

また、転職先が決まっていないという人でも、今後の転職先の条件など相談がいつでも出来ます。必ず押さえておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントに登録してみる。

ビズリーチ

ビズリ ーチ
ビズリーチの特徴は年収500円以上の管理職、役員クラスの取り扱いが群を抜いているということです。

仮にあなたが500万円以上の年収を得ているのであれば、ビズリーチ一択です。もちろん、年収ばかりではありません、その他の待遇、福利厚生など前職よりスケールアップした転職先を紹介してもらえます。

業種も多種多様で、業界を変えてみようかと思っている人もビズリーチに一度相談されてください。適正なアドバイスがもらえるはずです。

ビズリーチに登録してみる
タイトルとURLをコピーしました