マッキンゼー・アンド・カンパニーの中途採用情報~年収・評価・労働環境・女性環境など~

マッキンゼー・アンド・カンパニー 中途採用
マッキンゼー・アンド・カンパニーは、米国、欧州、アジア、南米、東欧など世界60カ国に105以上の支社を持つグローバルな戦略系コンサルティングファームで、全世界の主要企業を対象に、年間1,600件以上のコンサルティング・プロジェクトを手掛けています。

 

2006年-2017年には、米Vault社の『世界で最も権威あるコンサルティングファーム』として第1位、また、2,016年には米Universum社の『米MBA学生就職人気ランキング』で第2位に選ばれています。

 

最近では、2018年3月1日にマッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社として関西オフィスを開設しました。グローバル経営の観点から日本を最優先地域の一つと位置付け、活動を強化しています。

 

中途採用に関しても採用が活発であり、現在、マッキンゼー・アンド・カンパニーに真剣に転職を考えている人は、給与状況や内部事情などを参考にして下さい。

 

マッキンゼー・アンド・カンパニーで現在募集中の求人

現在、マッキンゼー・アンド・カンパニーの公式ページにて確認出来る中途採用職種は、コンサルタント職のみとなっています。

 

このページでは、これらのうち代表的なポジションをまとめています。なお、公式ページ以外でも『非公開求人』があり、これらは転職エージェント経由の募集になります。

 

・アソシエイト — ミッドキャリアプロフェッショナル

・インプリメンテーションコンサルタント

・デジタル・マッキンゼー

・オペレーションスペシャリスト

・コンサルタント及びリサーチャー – 通信・メディア・テクノロジー

 

<アソシエイト — ミッドキャリアプロフェッショナル>
2年以上の実務経験のある人で、応募時点でMBAに在籍している、または、Ph.D.を取得見込みかつ取得意思のある人が対象となっています。

 

アソシエイトは、プロジェクト課題解決の個別分野の担当から取り組みを始め、その後、プロジェクト全体にわたり、課題の特定、仮説の設定・検証、顧客企業社内や外部でのインタビュー、海外からの情報収集・分析、最終提案のとりまとめなどを行います。

 

<インプリメンテーションコンサルタント>
顧客の企業変革活動の設計や、インパクト創出の定着と実現など、チェンジマネジメントおよび組織能力構築などが主な業務です。

 

<デジタル・マッキンゼー>
テクノロジーに関連する経営課題解決が主な業務となっています。

 

<オペレーションスペシャリスト>
顧客企業が、世界トップレベルのオぺレーションを達成し、パフォーマンスを持続的に改善できる組織へと変革を遂げるための支援を行います。

 

<コンサルタント及びリサーチャー – 通信・メディア・テクノロジー>
成長戦略や海外展開戦略をはじめ、研究・開発機能から、製造・サービスに至るオペレーション改革まで、幅広い課題に関して顧客企業を支援しています。

 

どのように求人を探すか?

通常、中途採用のの求人を探す方法は2つ考えられます。一つは公式ページ、そしてもう一つは、転職エージェントです。

 

公式ページで全体の募集動向を確認したら、必ず転職エージェントでも確認しておきます。なぜなら、会社によっては、中途採用だけ外部の転職サイトを利用するところや、非公開求人を掲載しているところがあるためです。

 

また、転職エージェントは中途入社に関して、様々な情報を持っています。同業他社の比較も簡単に出来ますから、公式ページと転職エージェント、両方の利用をオススメ致します。代表的な転職エージェントをページの最後に記載していますのでご覧ください。

 

マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収・給与システムについて

年代別給与額

・アシスタント 中途 29歳 600万円
・ビジネスアナリスト 25歳 900万円
・アソシエイト 新卒 27歳 1300万円
・コンサルタント 新卒 25歳 650万円
・コンサルタント 新卒 25歳 800万円
・コンサルタント 新卒 26歳 880万円
・コンサルタント 30歳 1300万円
・コンサルタント 3年未満 中途 1200万円
・コンサルタント 中途 32歳 1500万円
・コンサルタント 在籍3~5年 中途 1400万円
・コンサルタント 在籍3~5年 中途 1800万円
・コンサルタント 在籍5~10年 マネージャー 2000万円

給与システムについて

マッキンゼー・アンド・カンパニーの給与システムは年俸制で、スタート時点で高い額が用意されています。

 

昇給に関しては、ポジションが上がるとベース報酬が2倍になり、12月のタイミングで年度評価を基に翌年の年収が知らされます。

 

賞与に関しては、ポジションが上がると金額幅が広がる仕組みです。また、報酬の一定割合が積み立てられて、一定年数の後の退職であれば、その積立金が戻ってきます。

 

職場では、ドリンクやお菓子や軽い軽食が無料で提供されたり、定期的にランチが出る会議やハッピーアワーなどもあり、イベントで食事することが福利厚生の一部になっています。

 

その他、夜の食事代など経費で精算できることも多く、ほぼお金を使うことはありません。

 

中途採用試験を受けるにあたって

マッキンゼー・アンド・カンパニーの中途入社はかなり厳しく、しっかりとした準備が必要になります。

 

そこで大切なことは、どういった内容の面接が行われるかを事前に把握することが非常に重要になってきます。この情報を得るために是非活用して頂きたいのが、転職エージェントです。

 

転職エージェントを利用する利点は、複数の企業の紹介の他に、狙っている企業を重点的に押さえることができるということです。

 

また、過去に転職エージェントを利用して、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社した人も多くいますから、これらの情報を是非活用して下さい。

 

マッキンゼー・アンド・カンパニーの成長環境・評価制度・教育制度について

成長環境

マッキンゼー・アンド・カンパニーでは、若手であっても責任のある仕事を任せてもらえます。そのため、プレッシャーがある反面、自分が変っていく感覚をクリアに感じることが出来ます。

 

環境も普通には考えられないくらい優秀な人々が沢山在籍していますので、仕事のボリュームやクオリティも良い意味で追われることを体感するでしょう。

 

1つのプロジェクトを経験すれば、一般的な大企業の5,6年分に相当する学びがあります。数年の経験があれば、おそらく他の業種でも満足のいく結果を出すことが出来ます。

 

評価制度

マッキンゼー・アンド・カンパニーの評価制度は年2回あり、非常にわかりやすく、何がどれ程出来ていて、どこまで出来れば昇進できるのかがクリアになっています。そのために何をやればいいのか分かりやすく説明がありますので、評価を納得することが出来ます。

 

評価は、役員が各社員の仕事ぶりを複数の上司からヒアリングし、それを役員会でプレゼンし決定します。悪意や人間関係が入り込む余地のないシステムは非常に良く出来ており、評価の基準も明白です。

 

教育制度

マッキンゼー・アンド・カンパニーでは様々なな研修機会があります。年に一度のグローバル研修や、OJTでの先輩・上司からの丁寧なコーチングが奨励される文化です。

 

ドライと思われがちですが、基本的に面倒見が良い人が集まっています。また、各チームリーダーが立派な研究者でもありますから、仕事をしながら、その分野の能力を強化することが可能です。

 

マッキンゼー・アンド・カンパニーのワークライフバランスについて

マッキンゼー・アンド・カンパニーのワークライフバランスは、クライアントにもよりますが、なかなか難しい環境です。月の平均残業時間は90.6時間もあり、一般企業に比べてかなり多くなっています。

そのため、20代、30代のうちから可能な限り努力をして、自分の評価を高め、社会貢献をしたいという強い心を持った人に向いています。

 

休暇についても、プロジェクトの最中は自由度は低いと言えます。ただしプロジェクトの合間にまとめて休暇を取ることは可能で、1ヶ月単位で休むことも出来ます。ちなみに年間の有給休暇取得率は、79.4%と高いものになっています。

女性の労働環境

マッキンゼー・アンド・カンパニーでは、男女差別などは全くなく、女性だからといって昇進できないということは一切ありません。ただ、男女関係なく必要に応じて労働制度の高いプロジェクトに参加することがあるため、体力的に不利な場合もあります。

 

しかし、総じて知的タフさとコミュニケーション能力、向上心がある女性であれば、非常にやりがいを持って働き続けることが出来る環境です。

 

産休、育休に関しては、制度としては整えられていますが、家庭との両立を考えた場合、プロジェクトによっては忙しさが全く異なります。最近は女性のサポートに力を入れているため、リモートワークや時短など交渉次第では上手く調節が可能です。

 

マッキンゼー・アンド・カンパニーの転職を成功するために必要なこと

マッキンゼー・アンド・カンパニーに限らず転職を成功させるためには、会社の情報が何より必要になります。その情報は個人で調べることは、かなり難しく上手く行きません。

 

そこで、マッキンゼー・アンド・カンパニーの情報を集めるためには、転職エージェントを利用することが決め手となります。転職エージェントの利点は様々な点がありますが、大きく分けると下記の3点になります。

 

・マッキンゼー・アンド・カンパニーに過去内定した生の口コミを有している

・その口コミを元に試験対策、面接対策が出来る

・交渉も転職エージェントを交えて可能の場合がある

 

マッキンゼー・アンド・カンパニーに過去内定した生の口コミを有している。

実際に転職エージェントを介して、内定者が出ると、その情報は内部データとして蓄積されていきます。

 

さらに、似たような条件の会社もデータとして蓄積できますから、より良い条件の会社を見つけることも可能です。

 

その口コミを元に試験対策、面接対策が出来る

転職エージェントを経由して転職に成功した人、失敗した人のデーターから、採用試験や面接試験で問われる内容を考えることが出来ます。

 

こういった情報は、まず個人では集めることができません。面接官の名前、好みなど転職エージェントならではの情報です。

 

交渉も転職エージェントを交えて可能の場合がある

転職の面接などで気遅れしてしまい、本来の自分を出せない人や、元々交渉事が苦手な人がいます。そうした人の為に転職エージェントは面接後に企業の担当者と接することが出来ます。その際、面接であなたが伝えられなかったことをアピールする場合があります。

 

転職エージェントの利用には大きく2種類がある

転職エージェントの種類には大きく分けて2つあります。それは、様々な職種や年代を取り扱っている、言わばスタンダード的な転職エージェントと、ハイキャリア中心に支援を行っている転職エージェントです。

 

その代表的な転職エージェントは、下記の2種類になります。

 

・リクルートエージェント

・ビズリーチ

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント
1977年に転職支援サービスを始めた日本で一番歴史のある会社です。その実績は41万人と、日本の転職関連会社の中で断トツを誇ります。

 

保有する案件も国内最高数で、全ての職種に対応でき、年齢の幅も広く、第2新卒からキャリア層まで対応します。

 

また、転職先が決まっていないという人でも、今後の転職先の条件など相談がいつでも出来ます。必ず押さえておきたい転職エージェントです。

 

リクルートエージェントに登録してみる。

ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチの特徴は年収500円以上の管理職、役員クラスの取り扱いが群を抜いているということです。仮にあなたが高額な年収を得ているのであれば、ビズリーチ一択です。

 

もちろん、年収ばかりではありません、その他の待遇、福利厚生など前職よりスケールアップした転職先を紹介してもらえます。

 

業種も多種多様で、業界を変えてみようかと思っている人でもビズリーチに一度相談されてください。適正なアドバイスがもらえるはずです。

 

ビズリーチに登録してみる
タイトルとURLをコピーしました