老後資金貯めてますか?~年代を問わず実践出来る方法~

老後

 

老後の生活費はどうすればいいのだろう? 2000万円、3000万円必要ということを聞くけど現実問題、到底無理だ。。。どうすればいいのだろう? このように考えている人は多いのではないでしょうか?

 

私も以前は、老後の資金のために色々と副業や投資にトライしていましたが、効果が今一つ感じられなず、焦りばかり募っていました。

 

当時の考え方は、老後の資金調達の手段としては『投資』、『副業』という方法しか眼中になかったのですが、それら意外にも老後の生活を乗り切る方法を見いだしました。

 

この記事では現在進行形で私が実践している『老後の準備』やキャリアアドバイザーとしてアドバイスしていることを余すことなく、あなたにお伝えしたいと思っています。

なぜ、老後の準備が出来ないのか?

老後の資金調達として考えられるものが、『貯金』、『副業』、『投資』といったものです。

 

貯金は財産形成には王道といわれるもので、毎月の給料から天引きして貯めていくという方法ですが、この方法は小さい頃からの家庭環境や本人の意志が必要になってきます。

 

小さい頃から貯金や無駄遣いをしないといった教育を受けてきた人ならば、現在もコツコツ続けているはずですから老後資金がないといった悩みは持たないはずです。

 

40代、50代になって老後に不安にあり、慌てて貯金を開始しても、今まで自由にお金を使ってきた人たちは中々思うようには行きません。

 

副業の場合は、本業の合間に続けることが条件ですが、こちらも労力に対しては多くの財は見込めないでしょう。仮に大当たりしたとしても、散財してスッカラカンになる人もいます。

 

投資の場合は、ある程度まとまった金額が必要になりますから、やはり老後の資金が心配と行った層は難しいでしょう。コツコツ貯金した人が株などで更に財を大きくするというのも頷ける話です。

 

では、お金がない40代、50代の人達は老後資金を作ることは出来ないのでしょうか? そのまま野垂れ死ぬしかないのでしょうか?

 

いいえ、無い無い尽くしの人もキチンとした対策を講じれば必ず上手くいく方法があります。

お金が無い人の老後資金獲得方法

今からお伝えするのは、キャリアアドバイザーとして見地や私のアドバイスを実践している人達の方法です。特に40代後半、50代前半の人は是非実践してほしいと思います。

 

先ず、お金を貯める、作り出すという発想を一旦やめてください。 ではどうすれば良いのかというと『働き続ける』という発想にするのです。

 

なんだと思われた方も多いと思いますが、老後の資金が足りないと言っている人達はほとんどが『年金』だけでやり繰りを考え、それに『資産を補充する』という考えになっています。

 

今までコツコツ資金を貯めた人達は『資金の補充』ということでいいですが、それ以外の人達はいかに65歳以降自分に適した働き方を見つけることが出来るかにかかっています。これこそが快適な老後を過ごす手段なのです。

 

65歳以降に自分のライフワークと言うべき仕事が出来たとすれば、それこそ楽しんで働きながら老後を過ごすことが出来ます。

 

しかし、何も準備することなく定年退職後に仕事をしようとしても、理想の仕事には先ず出会うことができません。むしろ65歳以降は採用すらないこともありますし、低賃金のアルバイトのみということも考えられます。

 

しかし、40代後半、50代の頃からしっかりと準備しておけば、70代になってもやりたい仕事が出来ます。

ゴールから逆転の発想

その方法とは、今まで『老後資金を2000万貯める』というゴールを『80歳まで好きな仕事をする』という考え方にシフトさせるのです。私はこれを『ゴールから逆転の発想』と読んでいます。

 

ゴールとなる仕事にはいくつか条件があります。

 

・年齢制限のない仕事であること。
・出来るだけ多くの資格を取ること。
・肉体を使わない仕事であること。
・独占事業ができる資格であること。
・独立開業ができる資格であること。

 

これらの条件にあう仕事を40代後半、50代の頃から勉強し、資格を取ります。

 

こうした仕事の資格は難易度もありますから、結構ハードルは高くなります。逆に言えば、誰でも代替え出来る仕事では65歳以降、満足いく収入も満足も得られないのです。

老後を見据えて転職活動をする

私の50代のクライアントの一例ですが、その方は老後に社会保険労務士事務所の開業ということをゴールに設定しました。

 

彼は資格習得の前に社会保険労務士事務所にアルバイトで入所し、その後資格習得、現在は正社員で勤務社労士として頑張ってらっしゃいます。

 

その間、給与の貯金と週末のアルバイトで開業資金を貯め、60歳で開業予定となっています。その後変更があれば軌道修正をしていくというものです。

 

彼も貯金ゼロの状態から一歩踏み出した方です。このように70歳、75歳、80歳と出来る仕事をゴールとして40代、50代を準備期間とするならば、貯金が無いという不安からも脱することが出来ます。

ゴールとなる仕事を決めたら転職活動を開始する

現在の職場に勤めながら資格を取っておくというのも一つの手ですが、未経験の段階で60代になりスタートするのは少しばかり大変です。やはり前もってその業界を知っておくのが良いと思います。

 

上記の社会保険労務士事務所に採用された人は、ハローワークと平行して転職エージェントにも登録し転職活動を行いました。

 

結果的には転職エージェントの方が採用されたそうです。転職エージェントには未経験採用の件数も多く門徒も広く募集しています。

 

是非、あなたも今のうちから準備し、後悔の無い老後をお迎え下さい。

転職エージェントについての疑問

料金はどうなの?

転職エージェントは、利用者が企業に採用になった場合、企業側から利用者の年収20~30%を受け取ります。よって、利用者は無料で利用できるんです。

退職せずに登録は出来るの?

現在の会社を継続したまま登録することは可能です。

 

会社を辞めて転職活動を行うと、経済的に困難になる人もいます。そうした人は、今の会社に籍を置きながら転職エージェントの情報を得るといいですよ。

 

今の転職エージェントは、インターネットを中心に情報を送りますし、直接相談するにしても時間の制限がかなり緩くなっています。

 

リクルートエージェントに登録してみる。

登録した後は、転職は必須?

転職エージェントに登録したといって、必ずしも転職しなければならないということはありません。

 

あなたが『よし! 』と感じるまでは、転職する必要はありません。将来的に転職したいなと考えているならば、登録だけしておいてください。

 

登録しておくだけで、いつでも行動が出来ますから!

リクルートエージェントに登録してみる。

登録したら希望の会社に必ず就職できるのか?

転職エージェントを利用して何が分かるのか?というと、ワークバランスや給与などはもちろんですが、何よりも転職エージェントを通して入社している人材が豊富ということです。

 

その人材を通して、生の情報を得るのですから、次に転職する人に有益な情報を与えることが出来ます。もし、自分で転職活動をおこなったら、こうした情報は手に入りません。

 

より良い環境を手に入れるためには、やはり本物の情報です。より良い環境を手に入れるためには、転職エージェントに勝るものはありません。是非、転職エージェントに登録して、有益な情報を得て下さい!

 

リクルートエージェントに登録してみる。

将来のゴールが決まっているなら、すぐにでも登録しておきましょう

定年退職後やりたい職業が決まっているならば、一刻も早く登録だけは済ませておいてください。その後の転職活動がスムーズに行きます。

 

仮に転職が上手くいかなくても、転職エージェントがあれば、いつでも就職活動が可能です。何よりも、転職エージェントはあなたの不安を取り除いてくれますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました