菱洋エレクトロの中途採用情報~年収・評価・労働環境・女性環境など~

菱洋エレクトロ 中途採用

菱洋エレクトロは、半導体製品を扱う専門商社として1,961年に創業しました。

主な事業内容は、半導体の販売、システム情報機器の販売、電子部品の販売、各種ソフトウェア製品の販売を中心に行い、それぞれに関わる技術サポート、各種サービス、ソリューション提案をしています。

直近の動向としては、中国最大の通信モジュールメーカーQuectel Wireless Solutionsと販売契約の締結、ドコモ5Gオープンパートナープログラムの参画など幅広い業務展開を行っています。

中途採用に関しても、業績に比例する形で採用枠も広がっています。現在、菱洋エレクトロに真剣に転職を考えている人は、給与状況や内部事情などを参考にして下さい。

菱洋エレクトロで現在募集中の求人

現在、菱洋エレクトロの公式ページでは新卒採用を中心におこなっており、キャリア採用はありません。しかし、他の転職サイトやエージェント経由での募集が確認出来ますので、このページではそちらをまとめています。

システム開発
サーバー設計・構築
ネットワーク設計・構築
経理・会計・財務
テクニカルサポート
セールス・サポート・エンジニア
法人営業

<システム開発(制御・組み込み系)>
【仕事内容】
自社オリジナル音声認識の組み込みエンジニアの募集になります。

【必須条件】
組み込み開発の経験が必須で、C/C、LINUX、Pythonの開発経験があれば歓迎されます。

<サーバー設計・構築>
【仕事内容】
ICT製品のインフラエンジニアの募集になります。サーバストレージ・ネットワーク製品を中心にエンドゥーサーにむけて提案活動→要件定義→保守まで幅広く行います。

【必須条件】
サーバ、ストレージ製品の設計、構築、運用、保守経験が必須です。

<法人営業>
【仕事内容】
既存顧客、新規顧客への提案活動、売り上げのフォーキャスト管理、不具合対応等のポストセールス全般が業務内容となります。

【必須条件】
エレクトロニクス業界での営業経験が必須となります。

どのように求人を探すか?

通常、中途採用のの求人を探す方法は2つ考えられます。一つは公式ページ、そしてもう一つは、転職エージェントです。

公式ページで全体の募集動向を確認したら、必ず転職エージェントでも確認しておきます。なぜなら、会社によっては、中途採用だけ外部の転職サイトを利用するところや、非公開求人を掲載しているところがあるためです。

また、転職エージェントは中途入社に関して、様々な情報を持っています。同業他社の比較も簡単に出来ますから、公式ページと転職エージェント、両方の利用をオススメ致します。代表的な転職エージェントをページの最後に記載していますのでご覧ください。

菱洋エレクトロの年収・給与システムについて

年代別給与額

経理部 30歳 550万円
総合職 30歳 550万円
営業 28歳 450万円
営業 30歳 400万円
営業 40歳 課長 650万円
技術 35歳 主任 500万円

給与システムについて

菱洋エレクトロの給与体制は月給制で、年2回の賞与と年1回の昇給からなります。おおよそ年功序列型の給与体制で勤続年数、標準年齢に比例した給与体制になり、基本給が暑く設定されています。安定度は高いですが、パフォーマンスに対する報酬は少ないと言えます。

賞与に関しては半年ごとの達成率で変動するシステムで、自部門が達成しても全社で達成していなければ賞与は低くなります。額としては年間3ヶ月といったところです。昇給も同様で業績によって昇給無しの年もあります。

手当・福利厚生

保険は、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険の各種保険を完備しており、諸手当については、子ども手当、地域住宅手当、通勤手当(全額会社負担)、超過勤務手当等が支給されます。

福利厚生に関しては、財形貯蓄制度、従業員持株会制度、従業員貸付金制度、慶弔見舞金制度、育児休職制度、介護休職制度、資格取得報奨金制度、保養施設、英会話(レアジョブ、GABA)補助、福利厚生倶楽部等があり、退職金制度として退職一時金、確定給付企業年金があります。

その他、野球部、テニス部、バドミントン部、フットサル部、スキー・スノーボード部、サイクリング部、ヨガ部、ボルダリング部等のクラブ活動に参加可能です。

中途採用試験を受けるにあたって

菱洋エレクトロは、中途入社の場合、想定年収がおおよそ決まっています。したがって中途採用で入社する場合、ある一定の社内基準に従って給与が決められます。しかし、前職の内容次第では交渉によってベースアップすることは十分可能です。

そこで大切なことは、どういった内容の面接が行われるかを事前に把握することが非常に重要になってきます。この情報を得るために是非活用して頂きたいのが、転職エージェントです。

転職エージェントを利用する利点は、複数の企業の紹介の他に、狙っている企業を重点的に押さえることができるということです。また、過去に転職エージェントを利用して、菱洋エレクトロに入社した人も多くいますから、これらの情報を是非活用して下さい。

菱洋エレクトロの成長環境・評価制度・教育制度について

成長環境

半導体、情報機器ともに様々な商材を扱っています。そのため幅広い商材知識を得ることが可能な環境です。また研修や社内勉強会が頻繁にあり、仕事に関する知識をしっかり会得することが出来ます。

また個人の裁量に任せているところも多く、自分自身で仕事の方向性を決められます。したがって判断能力や責任感などは他社に比べて早い段階で身について行きます。

評価制度

信賞必罰を明確にするための評価制度を持ち、賞与に繁栄させているため、成し遂げた成果が収入に繋がりモチベーションを保つことが出来る環境です。逆にどんなに努力をして素晴らしいプロセスを踏んでも、担当顧客の不調や担当マーケットの冷え込みなどで結果がでなければ、賞与には繁栄されません。

具体的な評価方法は、2つの人事評価があり、目標管理シートにようる業績評価と人物評価です。基本的に減点主義を採用しています。

教育制度

菱洋エレクトロの教育体制は、各階層別研修、各職種別研修、その他、企画研修、自己啓発支援制度等があります。

自己啓発支援として、各種通信講座の受講費を一部負担したり、対象資格の取得時に一時金を支給するなどの制度もあります。そのほか、オンライン・通学型英会話受講補助等があります。

菱洋エレクトロのワークライフバランスについて

菱洋エレクトロのワークライフバランスは良好で、仕事に波はありますが、自分でうまく調整できる人にとっては満足できる会社です。会社自体、法令順守意識が高いので36協定をきちんと守ろうという姿勢があります。

残業代に関しては、下級社員の残業代は出ますが、係長(自動昇給、30代半ば)になると残業代は支給されません。ちなみに月平均の残業時間は32.3時間となっています。

休暇については、休日休暇に関しては、完全週休2日制 (土・日)、祝日、夏季、年末年始の年間休日124日、その他、年次有給休暇 (初年度10日~最高20日)、慶弔休暇、産前産後休暇等が定められています。年間の有給休暇取得率は30.3%となっています。

女性の労働環境

女性のキャリアアップについて

菱洋エレクトロ3年以内男性採用率は62.3%、女性は37.5%となっており、男性の比重が高い会社です。しかし、2008年の機構改革により女性管理職が登場しており、女性にも責任のあるポジションが与えられるようになってきています。まだ時間はかかると思いますが、これから期待できる環境と言えます。

育児支援制度について

会社全体で産休取得率は過去3年間100%となっており、女性が働きやすい環境は整えられています。会社自体も『女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画』を実施し、2021年度の『くるみん』マーク認定を目指しています。

(『くるみん』とは、次世代育成支援対策推進法に基づき、行動計画を策定した企業のうち、行動計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業が『子育てサポート企業』として、厚生労働大臣の認定を受けることができる制度です。)

菱洋エレクトロの転職を成功するために必要なこと

菱洋エレクトロに限らず転職を成功させるためには、会社の情報が何より必要になります。その情報は個人で調べることは、かなり難しく上手く行きません。

そこで、菱洋エレクトロの情報を集めるためには、転職エージェントを利用することが決め手となります。転職エージェントの利点は様々な点がありますが、大きく分けると下記の3点になります。

・菱洋エレクトロに過去内定した生の口コミを有している

・その口コミを元に試験対策、面接対策が出来る

・交渉も転職エージェントを交えて可能の場合がある

菱洋エレクトロに過去内定した生の口コミを有している。

実際に転職エージェントを介して、内定者が出ると、その情報は内部データとして蓄積されていきます。

さらに、似たような条件の会社もデータとして蓄積できますから、より良い条件の会社を見つけることも可能です。

その口コミを元に試験対策、面接対策が出来る

転職エージェントを経由して転職に成功した人、失敗した人のデーターから、採用試験や面接試験で問われる内容を考えることが出来ます。

こういった情報は、まず個人では集めることができません。面接官の名前、好みなど転職エージェントならではの情報です。

交渉も転職エージェントを交えて可能の場合がある

転職の面接などで気遅れしてしまい、本来の自分を出せない人や、元々交渉事が苦手な人がいます。そうした人の為に転職エージェントは面接後に企業の担当者と接することが出来ます。その際、面接であなたが伝えられなかったことをアピールする場合があります。

転職エージェントの利用には大きく2種類がある

転職エージェントの種類には大きく分けて2つあります。それは、20代、30代を中心とした、年収500万円以下の層を対象とした転職エージェントと、40代以降で、年収500万円以上の管理職を中心とした転職エージェントです。

その代表的な転職エージェントは、下記の2種類になります。

・リクルートエージェント
・ビズリーチ

リクルートエージェント

リクルートエージェント
1977年に転職支援サービスを始めた日本で一番歴史のある会社です。その実績は41万人と、日本の転職関連会社の中で断トツを誇ります。

保有する案件も国内最高数で、全ての職種に対応でき、年齢の幅も広く、第2新卒からキャリア層まで対応します。

また、転職先が決まっていないという人でも、今後の転職先の条件など相談がいつでも出来ます。必ず押さえておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントに登録してみる。

ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチの特徴は年収500円以上の管理職、役員クラスの取り扱いが群を抜いているということです。仮にあなたが500万円以上の年収を得ているのであれば、ビズリーチ一択です。

もちろん、年収ばかりではありません、その他の待遇、福利厚生など前職よりスケールアップした転職先を紹介してもらえます。

業種も多種多様で、業界を変えてみようかと思っている人でもビズリーチに一度相談されてください。適正なアドバイスがもらえるはずです。

ビズリーチに登録してみる
タイトルとURLをコピーしました